製品情報

WAVEファイルの書き出し、数字譜の作成など様々な新機能を追加!

「MusicScore PRO3」

MusicScore PRO3パッケージイメージ

定番の楽譜作成ソフトが更にパワーアップ!

MusicScore独自の音源を搭載!

新たに音源を搭載したことで、より高品位な演奏が可能となりました。また、これまでは不可能だったWAVEファイルの書き出しにも遂に対応!オリジナルの音楽CD作成も、より手軽になりました。

 

※音楽CDの作成に対応したCDライティングソフトとCD-R対応のドライブが必要です。

楽譜OCRソフト「ScanMusic」を搭載!

五線譜をスキャナーで読み込むことで、楽譜データに即変換!

音符をひとつひとつ入力する手間から解放されます。

変換した楽譜データはMusicScore PRO3にて編集可能です。

 

※楽譜によっては正確に認識できない部分もあります。また手書き譜面の読み込みには対応しておりません。

数字譜の入力にも対応!

ご要望の多かった数字譜の作成に対応いたしました!

音部記号を張り替えるだけで、五線譜-数字譜の相互変換も可能です。

まだまだあります新機能!

RCPファイルの読み込みに対応

複数ページのスクロール表示に対応

背景画像、イラストデータの挿入機能を追加

自動コード入力機能を追加

アイコンデザインを一新

ウクレレ用のフレットボード表示を追加

テキストの縦書き入力が可能

MusicScorePRO3の特徴

豊富なパレットで手軽に楽譜作成

「パレットか記号を選んで譜面をクリック」

ほとんどの操作はこれだけでOKです。

ト音、へ音、ハ音記号の入力に対応

ハ音記号はアルトとテノールの2種類です。

多声の楽譜入力に対応

五線内に最大8つの声部を入力できます。

声部ごとに符尾の向きも設定可能です。

新デザインの見やすいアイコン

アイコンデザインを一新。

大きくはっきりしたデザインで見やすくなりました。

自動伴奏機能

約500種類のリズムパターンを使用した様々な伴奏が可能です。

MIDI機器の接続が可能

MIDIキーボードを繋げばリアルタイムでの入力も可能です。

作成した楽譜をイメージファイルに保存可能

JPG、TIF、BMP、GIF形式での保存に対応しています。

ワープロ感覚のスムーズな歌詞入力

パソコンのキーボードによる音符入力が可能

従来のMusicScoreシリーズの楽譜データも読み込みOK

操作画面(画面クリックで大きな画像が表示されます)

■編集画面(入力パレットのタテ・ヨコ切り替えが可能です)

編集画面

■楽譜スキャニング画面

楽譜スキャニング画面

■複数ページの表示や画像挿入にも対応

画像挿入

■数字譜作成画面(数字譜の規格も細かく調整できます)

数字譜作成画面

MusicScorePRO3とMusicScore3の機能比較表

機能 MusicScorePRO3 MusicScore3
WAVEファイルでの書き出し
レコンポーザファイル(RCP形式)の読み込み ×
譜表の追加・削除
パート譜作成
自動コードネーム付け
ライブラリーの編集
楽譜の分割印刷
五線譜のサイズ変更
歌詞入力
画像データの挿入
数字譜対応 ×
TAB譜対応 ×
音程録音機能 ×
ウクレレ用フレットボード表示 ×

楽譜データの閲覧にこちらのソフトもどうぞ

MusicScoreViewer

動作環境

OS:日本語Windows 7/8.1/10
CPU:OSに準拠
メモリ:OSに準拠
ハードディスク:150MB以上
モニタ:1024×768以上 16bit(HighColor)以上表示可能なこと
メディア:CD-ROM 1枚(インストール時のみ使用)
サウンド:楽譜の演奏にはサウンド再生機能が必要です。
入力装置:MIDIキーボード(※1)、マイク(※2)、スキャナー(※3)

(※1)リアルタイム入力を行う場合に必要です。 (※2)音程認識機能を使用した楽譜入力に必要です。 (※3)楽譜OCRソフト「ScanMusic」を使用する場合に必要です。

発売日:2008年12月5日(金)
販売価格:12,800円 + 税