アイアンセキュリティ ファイル暗号化

ジャンル:仕事効率化

対応OS:Android OS 3.0以上

価格:1,000円(無料版もございます)

配信日:2014年3月18日

※ご注意ください※
Android4.4からは外部SDカードの読み込みは可能ですが、書くことが不可になりました。
書くことができない外部SDカードに接続して暗号化しようとする場合、エラーとなります。
これはAndroidOSの仕様になりますので、予めご了承ください。

◆有料版
Google playへはこちらをクリックしてください
◇無料版
Google playへはこちらをクリックしてください
スマートフォン用暗号化アプリの決定版! 簡単操作で最高水準のセキュリティを提供します。
android版「アイアンセキュリティ ファイル暗号化」とは
スマートフォンでの操作に特化した、使いやすいファイルマネージャー形式の操作画面で、選んだファイルを素早く暗号化/復号化。
米国商務省により新しい暗号化方式として承認された「Rijndael(ラインダール)」を搭載し、大切なデータをガッチリ暗号化します。
更に暗号化データの圧縮やJPEG擬装に対応し、データのコンパクト化&秘匿性アップに貢献!

※JPEG擬装について
データファイル等を暗号化する際に、任意の画像ファイル(JPEGファイル)と結合することで、通常の画像ファイルのように擬装することができます。

スマートフォンの暗号化の必要性
近年のスマートフォンの普及に伴い、業務上のメールをスマートフォンで管理する方も増えています。
メールでのやり取りを行う上で「誤送信」や「本体の紛失」等による情報漏洩のリスクは避けられませんが万が一、そのようなトラブルが起きた場合でも、添付データを暗号化しておけば情報漏洩のリスクを最小限にとどめる事ができます。

主な機能
・ファイルマネージャー機能
(コピー/切り取り/貼り付け/検索/並べ替え)
・暗号化時の同時圧縮
・暗号化ファイルのJPEG擬装
・他社製ファイルマネージャーから暗号化機能の呼び出しが可能

Windows版 アイアンセキュリティ ファイル暗号化との互換性
発売以来12年、名だたる大手企業や官公庁への導入実績を誇るWindows版「アイアンセキュリティ ファイル暗号化」とファイル互換※があるため、メール添付やDropBox等のクラウドを介してのPC←→スマートフォン間で安全にデータのやりとりを行えます。

※[Windows版 アイアンセキュリティ ファイル暗号化との違い]
・パスワードに対してunicode使用不可。
・暗号化/復号化処理後に、元データを削除する機能が非搭載。
・パスワード入力回数の設定不可。
・暗号化ファイルの分割/結合機能が非搭載。

Windows版 「アイアンセキュリティ ファイル暗号化」についてはこちらから
※Windows版にて「自己復号ファイルを作成する」機能を使用し作成したファイルは、スマートフォンでは復号化が行えません。

Windows版ファイル暗号化導入実績(順不同)
総務省関東総合通信局 様 (ライセンス+カスタマイズ)
大阪市教育センター教育振興室 様
財団法人岐阜県経営者協会 様
財団法人日本弓道連盟 様
八王子商工会議所 様
NECネッツエスアイ株式会社 様 (ライセンス+カスタマイズ)
サンメッセ株式会社 様
エキサイト株式会社 様
三菱電機ライフサービス株式会社 様
富士電機情報サービス株式会社 様
クオリカ株式会社 様
コクヨビジネスサービス株式会社 様
ハル・エンジニアリング株式会社 様
株式会社アントステラ 様
株式会社アイ・ウェイブ・デザイン 様
日本メール株式会社 様
ライト・メディカル・ジャパン株式会社 様
株式会社タカノボル企業 様
株式会社翔コピーセンター 様
ソリューション・テクノロジー株式会社 様
日本クリアリングサービス株式会社 様